車両入替

車両入替

社長の奥さんが購入した車の入れ替え作業をやったのですが、旧車両と新車両を比べると、違いが歴然としています。全体的にも高級感があり、車内のレイアウトも違うのです。

時代と共に車も変化していくのは当然ですが、最近の車は実用的な部分が増え、機能的にも充実しています。

今では当たり前になっているナビゲーションや、バックモニターなどは映像が鮮明になり、後ろが見やすいです。純正オプションのカメラですが、フロントビューやサイドビューの切り替えがあり、モニターを見ると矢印が表示されていて、位置を動かすとアナウンスが流れるのです。

アナウンスは、車庫入れの際ハンドル操作のアドバイスや、車両周辺の障害物を教えてくれたり、障害物に近づくと警告音が鳴ったりするので物損事故を起こさないような配慮がされています。

慣れてくると、モニターを見ているだけで車庫入れができそうなくらい親切に教えてくれます。しかし、バックする時には直視することが一番いいです。あまりモニターを気にしていると逆にどこかにぶつけそうです。

車内のシートアレンジもかなりバリエーションがあり、スライドシートが魅力的でした。3列目のシートもありますが、荷室にするためにはトランクの中に収納でき、7人乗りから5人乗りに変化。

そうすることにより、2列目に乗っている人が空間を広々と使えるようになるのです。シートもキャプテンシートで、足をのばして寝ることもできます。本当にゆったりとした空間なので、乗りたい気持ちになります。

残念なのはハイブリット車ではないことです。これでハイブリッドカーだったら高額になるけど、今後のことを考えるとほしい車の一つになります。自分も次に購入する時はハイブリッドを考えています。