ハイブリッド車に魅せられて

ハイブリッド車に魅せられて

自動車専門誌で多く取り上げられている車がトヨタ・プリウスです。プリウスと言えばハイブリッド車でエンジンと電気の両方のエネルギーを使用でき、省エネが実現できる車で有名です。

最近では日産自動車がEV(エレクトロニックヴィークル)としてリーフを販売していますが、このリーフは完全な電気自動車です。

両方に共通する点は、電気エネルギーの充電が家庭用の電源から充電ができる点です。ハイブリッドバッテリと電動エネルギーバッテリーはリチウムイオンを使用しており、専用の充電プラグを使用して電気を充電できます。

プリウスも新型はPHV(プラグイン・ハイブリッド・ヴィークル)として販売されています。つまり、家庭用電源から充電ができる優れものです。EVのバッテリが消耗してくると自動的にHV(ハイブリッド)として走行ができ、一回の充電と給油での走行距離が格段に伸びました。

しかも、インパネのスイッチ切り替えにより、EVとHVを運転者が切り替えできるようなシステムを採用しているので、街乗りではEV車、高速ではHVに切り替えが可能になるのです。

最近の燃料費高騰に伴い、今現在かなりの注目を集めている車種になるのですが、問題が価格です。

やはりまだまだ高額になるので、街中で見るのはまだ先の話になりあそうです。街中でよく見かけるプリウスはハイブリッドで、PHVではない車のほうが多いです。

自分も専門誌を読んで思うのですが、今の車から乗り換える時、今度こそハイブリッド車を購入したいと思っていますが、その時にはPHVで家庭用電源が使用できるプリウスが主流になるのかな?と、思っています。

モデルチェンジと仕様変更がされて、省エネになっているのは間違いないです。