エンジン停止

エンジン停止

お客さんからの電話で、走行中に突然エンストし、それ以降エンジンが掛かったりかからなかったりすると訴えがあり修理で車が入庫してきました。

入庫した時エンジンは快調で、エンストする気配もなく試乗してみると症状がまるで出ない。こういう車が一番困るのですが、症状が出るまで預からせてもらうことになりました。

点検する箇所は、クランキングができるので、バッテリやセルモーターではないので、基本的な点検をすることにし、点火プラグを抜いて点火火花が出ているかをチェック。ここでは問題なく火花が出ていました。

次に燃料が来ているかをチェックです。燃料ホースを外してみると、燃料がしっかりと出てきました。出てきたという事で、燃料の配管は問題が無いと思ったのですが、燃料噴射で大事なのは燃料の圧力、つまり燃圧が正常圧力かが問題になってきます。

燃圧計をセットしてキーをONにしてみると、燃料ポンプの作動音はするが圧力が基準値以下で止まり、エンジンがアイドリングをキープしていました。

おそらく燃圧が弱くて、エンジンの高回転付近では燃料が追い付かなくてエンストすると思いました。燃料ポンプを交換しようと注文しようと思いましたが、燃料が詰まっている可能性もあるので、燃料フィルターをセットで交換することにしたのです。

部品が来て、燃料ポンプと燃料フィルターを交換し、キースイッチをONにしたら、交換前に比べてポンプの動作音に勢いがあり、燃圧も正常値に入りました。

アイドリングも交換前に比べ安定感があり、落ち着いています。これで修理完了と思いお客さんに連絡して様子を見てもらうことになりました。

修理に入り基本的な点検をしたのがきっかけでわかったことですが、やはり基本点検は行うのがベストだと思いました。